通常の講習との違い

通学制と合宿制の講習は、どちらも1日に受けられる時間数は決まっていますし、技能と学科の総受講時間も同じです。ではその内容に違いがあるのでしょうか。先にも述べたように、自動車学校での講習は道路交通法によってすべて決められています。従って、通学制であろうが、合宿制であろうが習う内容は同じなのです。
 
では、なぜ合宿制は2週間で卒業でき、通常の自動車学校は2~3カ月かかるのでしょう。通常の自動車学校の場合、講習のスケジュールは生徒側が決めていきます。仕事や学校、アルバイトなどの都合と照らし合わせながら、スケジュールを組むためです。また、学校全体の生徒数も多いため、希望した日時に受けられないこともあります。このように、通学制は自分と周りの生徒、自動車学校と折り合いを付けながら通うことになるため、時間がかかるのです。
 
一方の合宿制は、スケジュール組は一方的に学校側が行います。卒業までの期間が決まっているため、効率よく講習を進めていかなくてはならないからです。毎日、技能と学科の講習を受け、空いた時間は予習と復習に回します。そのため、合宿制のウリである短期取得が可能となるわけです。どちらにせよ、講習内容は同じですので後は自分の努力次第となります。
 
参考サイト > http://www.menkyo-takumi.com/

短期取得なら合宿免許

運転免許を取得するには、自動車学校へ通わなければいけませんが、通常の自動車学校のように自宅から通学するタイプの他に、合宿して集中的に講習を受けるタイプがあります。この通学制と合宿制の大きな違いは、その取得期間にあると言えます。通学制の場合は、一般的に2カ月から3カ月かかるのに対し、合宿制は2週間程度とかなり短縮されます。では、この両者の講習にはどのような違いがあるのでしょう。
 
免許取得までの流れとして、まずは自動車学校で運転や安全確認などの技能教習と、交通に関する知識を勉強する学科教習を受けます。その後、仮免許試験で合格すれば路上での教習に移り、そして卒業試験に受かれば、とりあえず自動車学校での教習が終わります。卒業後、各県の運転免許センターで行われる運転免許試験に合格すれば、晴れて免許が交付され、手元に届くのです。
 
通学制も合宿制も、この免許取得までの流れは同じです。さらに、どちらも1日に受けられる講習の数は道路交通法によって決まっています。そう考えると、合宿だから早く免許が取れるということにはなりません。しかし、ほとんどの場合、合宿のほうが取得までの期間が短いのです。では、この違いはそれぞれの講習の違いにあるのでしょうか。

合宿免許の講習とは

自動車運転免許を取るには、自動車学校で指定された内容と時間数の講習を受け、仮免許や卒業試験などの試験に合格する必要があります。その自動車学校ですが、最近よく耳にするのが合宿免許というものです。合宿免許の大きな特徴として、その所得期間が挙げられます。では、免許が短期所得できる合宿免許には、通常の自動車学校の講習と違いがあるのでしょうか。このサイトはこの両者の講習の違いについて説明します。
 
一般的に自動車学校と言えば、自宅から通う通学制を指します。しかし今、泊まり込みで講習を受ける合宿制も人気を集めているのです。合宿制の大きなメリットは2週間程度で卒業できるというものでしょう。通常の自動車学校が2カ月から3カ月になりますから、かなり短い期間で免許が手に入ることになります。ただ、その講習内容ですが、これは道路交通法により細かく定められています。つまり、両者に違いはないのです。合宿だから、違う内容を教えているように思われていますが、実際はまったく同じ内容となっているのです。
 
講習内容は同じということですが、では何故取得期間にこれほどの差が出るのでしょう。自動車学校は、基本的に自分の都合に合わせて通うことになります。学校や仕事などの都合に合わせながらの講習となりますから、どうしても期間は長くなってしまいます。合宿の場合は、学校側が一方的にスケジュールを組むため、短期間で卒業できるのです。このように、卒業までの期間は違いますが、どちらも講習内容は同じですので、安心して受講してください。