合宿免許の講習とは

2016-08-23 @ 03:20 PM

自動車運転免許を取るには、自動車学校で指定された内容と時間数の講習を受け、仮免許や卒業試験などの試験に合格する必要があります。その自動車学校ですが、最近よく耳にするのが合宿免許というものです。合宿免許の大きな特徴として、その所得期間が挙げられます。では、免許が短期所得できる合宿免許には、通常の自動車学校の講習と違いがあるのでしょうか。このサイトはこの両者の講習の違いについて説明します。
 
一般的に自動車学校と言えば、自宅から通う通学制を指します。しかし今、泊まり込みで講習を受ける合宿制も人気を集めているのです。合宿制の大きなメリットは2週間程度で卒業できるというものでしょう。通常の自動車学校が2カ月から3カ月になりますから、かなり短い期間で免許が手に入ることになります。ただ、その講習内容ですが、これは道路交通法により細かく定められています。つまり、両者に違いはないのです。合宿だから、違う内容を教えているように思われていますが、実際はまったく同じ内容となっているのです。
 
講習内容は同じということですが、では何故取得期間にこれほどの差が出るのでしょう。自動車学校は、基本的に自分の都合に合わせて通うことになります。学校や仕事などの都合に合わせながらの講習となりますから、どうしても期間は長くなってしまいます。合宿の場合は、学校側が一方的にスケジュールを組むため、短期間で卒業できるのです。このように、卒業までの期間は違いますが、どちらも講習内容は同じですので、安心して受講してください。